自動車保険 見直してお得 口コミ&評判ブログ

自動車保険の基礎知識を身につけ、各サービス内容を比較し、理解するための口コミサイトです。お得な情報で保険を賢く節約しましょう。

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

 *Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

自動車保険、見直してみましょう。

[  自動車保険]

 *Edit

image01.jpg 自動車保険、更新の季節

自動車保険は、安くて補償内容の充実したものを選びたいですよね。  

無駄のない契約プランに変更するための見直しポイントは、次の4つです。

1.保険料を払い過ぎていませんか

必ず数社から見積りをとって保険料を比較しましょう。
補償やサービス内容が同じでも、保険会社によって驚くほど保険料が変わってきます。
そのためには、以下のような比較サイトがホントに便利。




2.事故対応能力に不安はありませんか

事故処理のスピードや休日・夜間の対応などを見極める事が重要です。
一見、分かりづらいですが、実は契約条件から読み取れます。

3.ロードサービスは充実していますか

パンク交換やバッテリー上がりなどに無料で対応してくれるだけではなく、
レッカー代や200キロまでのタクシー代を保障してくれる保険会社もあります。

4.お得な割引サービスも忘れずに

エコカー割引や契約更新割引などの他、実際の年間走行距離に応じて
翌年の保険料が割引となるサービスなども。






image07.jpg


特約を賢く活用しよう

じつは保険会社には各社それぞれいろいろな特約がオプションとして付いてきます。
これを上手く活用することで、補償内容を充実させるだけでなく、保険料自体を
安く抑えることができるんです。

特約には大きく分けて3つの種類があります。


保険料が安くなる特約

補償対象者を特定することで、保険料を割安にできる特約です。例えば、
子供達の中でも“長男だけ”といった風に指名することで、家族全体を補償する
プランより格安にすることが出来ます。各社から様々なタイプが出ていますが、
補償範囲を限定する事で割引になるという点では共通しています。

「家族限定特約」「本人・配偶者限定特約」「子ども年令特約」


事故のリスクを抑える特約

過失割合に関係なく人身傷害を補償してくれるものや、訴訟に発展してしまった場合
の弁護費用を肩代わりしてくれるものまで様々。最初から、包括的な 補償が得られる
タイプの保険を選ぶより、自分の都合に合わせてこれらのオプションを追加した方が
安上がりな場合が多いようです。

「弁護士費用担保特約」「事故付随費用担保特約」など


ゴールド免許特約

家族にゴールド免許の人がいたら、保険の名義人をそのゴールド免許保有者に
変更しましょう。同居家族間であれば、名義変更しても補償内容等の契約は維持
されますので、同じサービスを受けながら保険料を格安にすることができます。
また、契約期間中にゴールド免許が交付された場合は、その日の内に保険会社に
連絡をとりましょう。例え中途であってもゴールド免許割引に変更することが可能
ですので、残りの契約期間は割引料金が適用されます。

ずいぶん面倒に感じるかもしれませんが、こうした対応を行っているかどうかで、
かなり出費が変わってきますので、ぜひ覚えておいて頂きたいと思います。

  ↓ 便利な無料見積もりはこちらから ↓





スポンサーサイト

▲PageTop

自動車保険、見直して助かりました!

[  自動車保険]

 *Edit

Snap7.jpg

自動車保険は、安いに越したことはありません。
でも、安さだけにこだわって、もしものときの保障が不十分だったら?
その時どんなに後悔してもおそいですよね。
実は私がそうでした。
これは実際に事故にあった経験者による本当に役にたつ自動車保険のレポートです。

1.保険料を無駄な保障に多く掛けていませんか

今や対人対物無制限保障は当たり前ですが、無保険車傷害保険に2億円、人身傷害保険に5000万円は払い過ぎ。また、年齢条件も普段運転しない若年者の年齢までカバーするのは無駄です。細かく条件を絞っていくと驚くほど金額に差が出ますよ。

2.事故対応能力について

これが一番重要。
事故処理のスピードや休日・夜間の対応などを見極める事が重要です。
まず数時間以内に事故対応の担当者が決まり、相手と交渉開始できるか、必ず確かめましょう。

実際に事故に有った時、ここが弱い会社がとても多いこと、ご存知ですか?

さらに、もしものために弁護士費用特約は必ず付けましょう。

万が一、相手の対応に異議があったとき、訴訟に踏み切れ、
しかも全ての手続き、交渉を担当する弁護士がまるで執事のように執り行ってくれます。
そして、勝訴の見通しも確実に判断できます。
実際、私は勝訴しました。

3.ロードサービスは充実していますか

パンク交換やバッテリー上がりなどに無料で対応してくれるだけではなく、レッカー代や200キロまでのタクシー代を保障してくれる保険会社を選ぶのは今や常識です。




以上の条件に合う保険会社は多くありませんが、ないわけではありません。

実際に私はこの条件が備わった保険に入っていたので助かりました。

下の自動車保険会社を一度調べてみて下さい。





上の画像をクリックするとアクサの見積りサイトへ移動しますので、

その画面の最下段の アクサダイレクト TOP をクリックして

アクサのホームページ内の中ほどにある アクサダイレクトの事故対応力と品質 をクリック。

そこで、アクサの強さ を実感して下さい。





・・




▲PageTop

自動車保険の更新、見直しのチャンス!

[  自動車保険]

 *Edit

自動車保険の費用を賢く節約するためには、まず、自動車保険のことを詳しく知る必要があります。でも、忙しい毎日では、すぐに保険の基礎知識を身につけ、各サービス内容を比較し、理解することなんて無理!と思ってしまいがちですよね。

また、ただ単に安いだけに注目せず、何が自分にとって必要であるのか検討することも大切なポイントですが、こちらもすぐにはピンときません。

そこで、様々な自動車保険から自分にぴったりのサービスを捜すために当サイトがお役に立ちます。

自動車保険の見直しを考え始めて、ネットで自動車保険を簡単に比較してくれる便利なサイトを見つけました。これは使える!と思ったんですが少し注意が必要なことがわかりました。それは、自動車保険の見積もりを取るには、補償金額の設定や各種条件など、様々な情報をネット上で細かく設定することが必要で、それら情報は保険会社各社で共通であるもの・そうでないものがあります。

比較サイトは一括で見積もりを取ることが目的となっており、各社共通か、それに近い基本情報によって見積もるため、個々の事情を細かく反映することはできません。たとえば年齢条件について少々複雑なのが現状の自動車保険です。

それは年齢条件の適用範囲。

運転者を家族限定にしていればその家族内の年齢を考えればよいですが、限定条件をつけていない場合は、年齢条件の適用が家族のみの場合と、家族以外の人も含む場合とに保険会社によって異なることがあります。アメリカン ホームダイレクトのように年齢条件を設けていない会社もあります。

次に、車両保険。

保険金額は「自動車保険の車両標準価格表」によって、設定できる金額が決まっています。ただし、その金額はある程度の幅があり、その範囲内で設定することができます。。比較サイトではこのような細かいオーダーができないところがあり、古い車両になると見積もりができないこともあります。これも各保険会社に確認が必要です。

主な比較サイトの特徴を見比べると

保険スクエアbang!/自動車保険

・車両保険金額は任意で入力が可能
・ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、身の回り品特約、代車特約、等級プロテクション、事故付随費用補償特約の入力が可能

比較.comの自動車保険一括見積もり!

・車両保険金額の設定ができない
・ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、身の回り品特約、代車特約の入力ができる

・インズウェブ



・車両保険金額は自動で出てくる
・搭乗者傷害保険の入力が必須
・ファミリーバイク特約の入力が可能

このように、比較サイトによっても項目に違いがあるのがお分かりになると思います。さらに、各サイトによって入力内容が異なる部分もあるため、利用するサイトの違いで、出てくる見積もりの内容も異なってきます。しかし、そうはいっても比較したい保険全てを一から保険会社に問い合わせるのも大変ですので、ここはまず、きめ細かい設定がネット上で可能な比較サイトで2,3に絞込み、あとは保険会社に問い合わせるのが良い方法ではないかと考えました。

では、その有力な比較サイトはどこでしょうか。上の条件にあった比較サイトがいくつかありますのでご紹介します。
下のバナーをクリックすれば公式サイトへ移動できます。

文字色










▲PageTop

自動車保険の費用を賢く節約するために!

[  自動車保険]

 *Edit

Snap7.jpg

自動車保険の費用を賢く節約するためには、

まず、自動車保険のことを詳しく知る必要があります。

でも、忙しい毎日では、すぐに保険の基礎知識を身につけ、

各サービス内容を比較し、理解することなんて無理!

と思ってしまいがちですよね。

また、ただ単に安いだけに注目せず、何が自分にとって必要で

あるのか検討することも大切なポイントですが、こちらも

すぐにはピンときません。

そこで、様々な自動車保険から自分にぴったりのサービスを捜す

ために当サイトがお役に立ちます。


自分にぴったりの自動車保険とは


自動車保険では、様々な料金算出システムや対象となる補償があるため、

正しい知識で比較・検討することが大切です。

そこで、インターネットで簡単に自動車保険を比較してくれるサイトが便利です。

その中でも、口コミの評判が特に高かったところを紹介しましょう。

 
まずは比較.comです




このサイトはなんといっても所要時間5分の簡単見積もりが特徴です。

比較専門サイトの運営するサイトなので使いやすさは抜群です。

見積もり可能の最適な会社が自動でセレクトされるので、大変便利です。

また、一括見積もりの申込にかかる手間が少ないのもここです。

「入力画面が複雑・・」「なんどもクリックさせられる・・」そういうことがありません。

 
つぎに、保険スクエアbang!




「保険スクエアbang!」もサイトの使い勝手がとても良いです。

特に入力項目に誤りがある場合は、わかりやすく指摘してくれます。

見積もりを請求できる業者も、最大で17社もあり十分です。

 この二社が、ネットでの口コミランキングでは上位を争っており、

どちらにしてもまちがいありません。

 さあ、自分にぴったりの自動車保険を見つけて、

今年こそ、自動保険の費用を賢く節約してみませんか?









▲PageTop

比較サイトで自動車保険を見直す!

[  自動車保険]

 *Edit


 自動車保険の見直しを考え始めて、ネットで自動車保険を簡単に

比較してくれる便利なサイトを見つけました。

これは使える!と思ったんですが

少し注意が必要なことがわかりました。それは、

自動車保険の見積もりを取るには、補償金額の設定各種条件

など、様々な情報をネット上で細かく設定することが必要で、

それら情報は保険会社各社で共通であるもの・そうでないもの

があります。

比較サイトは一括で見積もりを取ることが目的となっており、

各社共通か、それに近い基本情報によって見積もるため、

個々の事情を細かく反映することはできません。

たとえば年齢条件について少々複雑なのが現状の自動車保険です。

それは年齢条件の適用範囲。

運転者を家族限定にしていればその家族内の年齢を考えればよい

ですが、限定条件をつけていない場合は、年齢条件の適用が家族

のみの場合と、家族以外の人も含む場合とに保険会社によって

異なることがあります。アメリカン ホームダイレクトのように

年齢条件を設けていない会社もあります。

 次に、車両保険。

保険金額は「自動車保険の車両標準価格表」によって、設定できる

金額が決まっています。ただし、その金額はある程度の幅があり、

その範囲内で設定することができます。。比較サイトではこのような

細かいオーダーができないところがあり、古い車両になると見積もり

ができないこともあります。これも各保険会社に確認が必要です。


主な比較サイトの特徴を見比べると


・価格.com

・車両保険金額は任意で入力が可能
・特約の入力がない

・保険スクエアBang!

・車両保険金額は任意で入力が可能
・ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、身の回り品特約、代車特約、等級プロテクション、事故付随費用補償特約の入力が可能

・比較.com

・車両保険金額の設定ができない
・ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、身の回り品特約、代車特約の入力ができる

・インズウェブ



・車両保険金額は自動で出てくる
・搭乗者傷害保険の入力が必須
・ファミリーバイク特約の入力が可能


 このように、比較サイトによっても項目に違いがあるのがお分かり

になると思います。さらに、各サイトによって入力内容が異なる部分

もあるため、利用するサイトの違いで、出てくる見積もりの内容も

異なってきます。しかし、そうはいっても比較したい保険全てを

一から保険会社に問い合わせるのも大変ですので、ここはまず、

きめ細かい設定がネット上で可能な比較サイトで2,3に絞込み、

あとは保険会社に問い合わせるのが良い方法ではないかと考えました。

では、その有力な比較サイトはどこでしょうか。上の条件にあった

比較サイトがいくつかありますのでご紹介します。







▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。