スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自動車保険、見直して助かりました! 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 保険
記事一覧  3kaku_s_L.png  自動車保険
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

 自動車保険

自動車保険、見直してみましょう。

 ←自動車保険、見直して助かりました! 
image01.jpg 自動車保険、更新の季節

自動車保険は、安くて補償内容の充実したものを選びたいですよね。  

無駄のない契約プランに変更するための見直しポイントは、次の4つです。

1.保険料を払い過ぎていませんか

必ず数社から見積りをとって保険料を比較しましょう。
補償やサービス内容が同じでも、保険会社によって驚くほど保険料が変わってきます。
そのためには、以下のような比較サイトがホントに便利。




2.事故対応能力に不安はありませんか

事故処理のスピードや休日・夜間の対応などを見極める事が重要です。
一見、分かりづらいですが、実は契約条件から読み取れます。

3.ロードサービスは充実していますか

パンク交換やバッテリー上がりなどに無料で対応してくれるだけではなく、
レッカー代や200キロまでのタクシー代を保障してくれる保険会社もあります。

4.お得な割引サービスも忘れずに

エコカー割引や契約更新割引などの他、実際の年間走行距離に応じて
翌年の保険料が割引となるサービスなども。






image07.jpg


特約を賢く活用しよう

じつは保険会社には各社それぞれいろいろな特約がオプションとして付いてきます。
これを上手く活用することで、補償内容を充実させるだけでなく、保険料自体を
安く抑えることができるんです。

特約には大きく分けて3つの種類があります。


保険料が安くなる特約

補償対象者を特定することで、保険料を割安にできる特約です。例えば、
子供達の中でも“長男だけ”といった風に指名することで、家族全体を補償する
プランより格安にすることが出来ます。各社から様々なタイプが出ていますが、
補償範囲を限定する事で割引になるという点では共通しています。

「家族限定特約」「本人・配偶者限定特約」「子ども年令特約」


事故のリスクを抑える特約

過失割合に関係なく人身傷害を補償してくれるものや、訴訟に発展してしまった場合
の弁護費用を肩代わりしてくれるものまで様々。最初から、包括的な 補償が得られる
タイプの保険を選ぶより、自分の都合に合わせてこれらのオプションを追加した方が
安上がりな場合が多いようです。

「弁護士費用担保特約」「事故付随費用担保特約」など


ゴールド免許特約

家族にゴールド免許の人がいたら、保険の名義人をそのゴールド免許保有者に
変更しましょう。同居家族間であれば、名義変更しても補償内容等の契約は維持
されますので、同じサービスを受けながら保険料を格安にすることができます。
また、契約期間中にゴールド免許が交付された場合は、その日の内に保険会社に
連絡をとりましょう。例え中途であってもゴールド免許割引に変更することが可能
ですので、残りの契約期間は割引料金が適用されます。

ずいぶん面倒に感じるかもしれませんが、こうした対応を行っているかどうかで、
かなり出費が変わってきますので、ぜひ覚えておいて頂きたいと思います。

  ↓ 便利な無料見積もりはこちらから ↓







記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 保険
記事一覧  3kaku_s_L.png  自動車保険
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • [自動車保険、見直して助かりました!]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。